読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩こりを治す病院の選び方

肩こりには、他の病気と関連して発症する場合もあるので、肩こり、頭痛、手や腕の痛みやしびれ、口が開きにくいなどの場合は、病院での検査を受けてください。以下では、具体的に何科を受診すればよいのか、また、病院以外で肩こりを治療できる施設について以下で解説します。

肩こりは何科を受診するべき?

整形外科

肩こりは、まず整形外科に行くとよいでしょう。

整形外科は、捻挫や骨折以外にも、筋肉、関節、神経系などの体を動かす時に使われる部位の異常についても診療範囲となっています。

整形外科では、問診や触診による診断や、X線(レントゲン)撮影による検査を行い、原因に合わせた治療が行われます。もし、さらに詳しい検査が必要であれば、整形外科の先生から他の科を紹介されるケースもあります。

神経内科

肩こりよりも、めまいやふらつき、手足の震え、しびれ、声が出ないなどの症状が気になる場合は、神経内科で診てもらうとよいでしょう。神経内科では、診察検査で筋肉や末梢神経、脳、せき髄に異常があるかどうかを調べます。症状の原因を調べ、脳の問題であれば、脳神経外科へ、筋肉、骨格の問題であれば整形外科へ、耳の問題であれば耳鼻科へと、専門の科へ紹介してもらい、それぞれの原因に合わせた専門的な治療が行われます。

脳神経外科

これまでと違う激しい肩こりや首の痛み、ひどい頭痛や嘔吐などの症状をともなう場合は、脳神経外科で診てもらうとよいでしょう。脳神経外科の場合、脳や背骨、せき髄についての検査、診断が行われ、脳、脊髄腫瘍や脳の血管系の疾患があった場合、手術などが行われます。