読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院以外で肩こりを診てもらう

病院以外で肩こりを治療できる施設には以下の施設があります。

接骨院

柔道整復師法で認められている「柔道整復」「接骨院」「ほねつぎ」は、国家資格である柔道整復師が治療を行う施設です。検査・診断は行われません。事故や怪我などで生じた肩こりの場合は、こちらの受診をおすすめします。ただし、慢性的な肩こりなどの慢性疾患の治療の場合は、健康保険適用外になりますのでご注意ください。

鍼灸

鍼灸院」は、「はり師」「きゅう師」という国家資格を持つ施術者が、東洋医学に基づいた鍼灸治療を行う施設です。検査・診断は行われません。肩の張りによる痛みの軽減、肩こりの予防などの場合は、こちらの受診をおすすめします。鍼灸院の治療の場合、保険を適応した治療が可能ですが、医師の同意書または診断書が必要になります。なお、保険が適用可能な病名は、五十肩、頚腕症候群、頸椎捻挫後遺症、腰痛症、リウマチ、神経痛などです。

指圧・あん摩マッサージ

あん摩マッサージ指圧師」という国家資格を持つ施術者が、東洋療法による指圧・マッサージを行う施設です。関節の可動域を広げたり、筋力を増強して症状の改善を目指します。オーバーユースや姿勢の悪さが原因と思われる肩こりや、肩こりの予防などの場合は、こちらの受診をおすすめします。こちらも鍼灸院と同様に、保険を適応した治療には、医師の同意書や診断書が必要となります。

そのほかの民間療法に属するもの

  • カイロプラクティス
  • 整体院
  • クイックマッサージやアロマサロン
  • これらは、日本の法律上、医療(医療類似行為・代替医療を含む)に属さない民間療法施術になり、施術者は公的な資格を保有していません(民間による資格を有する場合はあります)。そのため、保険はすべて適用外となります。肩の筋肉の張っている、全身の疲れを解消したい、リラックス・リフレッシュしたいという場合は、このような施設でもいいでしょう。

    それぞれの病院の診療科や、病院以外の施設の特徴を把握したうえで、肩こりの状態やそのほかの症状の有無、通いやすさなど自分の状態と希望に合わせて選びましょう。

肩こりを治す病院の選び方

肩こりには、他の病気と関連して発症する場合もあるので、肩こり、頭痛、手や腕の痛みやしびれ、口が開きにくいなどの場合は、病院での検査を受けてください。以下では、具体的に何科を受診すればよいのか、また、病院以外で肩こりを治療できる施設について以下で解説します。

肩こりは何科を受診するべき?

整形外科

肩こりは、まず整形外科に行くとよいでしょう。

整形外科は、捻挫や骨折以外にも、筋肉、関節、神経系などの体を動かす時に使われる部位の異常についても診療範囲となっています。

整形外科では、問診や触診による診断や、X線(レントゲン)撮影による検査を行い、原因に合わせた治療が行われます。もし、さらに詳しい検査が必要であれば、整形外科の先生から他の科を紹介されるケースもあります。

神経内科

肩こりよりも、めまいやふらつき、手足の震え、しびれ、声が出ないなどの症状が気になる場合は、神経内科で診てもらうとよいでしょう。神経内科では、診察検査で筋肉や末梢神経、脳、せき髄に異常があるかどうかを調べます。症状の原因を調べ、脳の問題であれば、脳神経外科へ、筋肉、骨格の問題であれば整形外科へ、耳の問題であれば耳鼻科へと、専門の科へ紹介してもらい、それぞれの原因に合わせた専門的な治療が行われます。

脳神経外科

これまでと違う激しい肩こりや首の痛み、ひどい頭痛や嘔吐などの症状をともなう場合は、脳神経外科で診てもらうとよいでしょう。脳神経外科の場合、脳や背骨、せき髄についての検査、診断が行われ、脳、脊髄腫瘍や脳の血管系の疾患があった場合、手術などが行われます。

 

セルフマッサージで肩こりを直す方法

鎖骨のマッサージ

鎖骨の下にあるくぼみを押さえて、肩を上下させたりくるくると回したりすることで、胸部一帯にある筋膜がほぐれて肩がすっきりします。

(1)親指以外の4本の指をそろえ鎖骨の下のくぼみに当てて、中指に力を入れて押す。

(2)鎖骨の下を押したままで肩を上下する。10回繰り返したら、鎖骨に沿って場所を少しずらして3セット行う。

(3)次に、鎖骨の下を押したまま、肩をくるくると回す。これも押す場所を鎖骨に沿ってずらして3セット、各10回ずつ行う。

ほぐしマッサージ

(1)腕の力を抜いてだらんと下げ、肩のほぼ中央、筋肉が盛り上がったところのツボ(肩井、ケンセイ)を反対側の手指で押さえる。

(2)ゆっくり深呼吸を行う。息を吐くときに肩井を押す。これを3回くりかえす。

(3)再度、ゆっくり深呼吸を行ったら、肩井を押しながら息を吐き、腕をゆっくりと前に上げていき、真上まで上げて後ろへぐるっと回す。これも3回くりかえす。

(4)肩井の周囲を軽く6~7回揉んで筋肉を柔らかくする。

(5)反対側も同じように行う。

首まわりマッサージ

(1)首を横にひねった時に、ひねった方向の反対側の首すじの鎖骨から耳の下に出る筋肉(胸鎖乳突筋)の下のほうを反対側の親指と人差し指で軽くつまむ。

(2)深呼吸したら、息を吐くときにつまんでいる部分を引き上げる。

(3)少し上に移動し、筋の真ん中あたりをつまみ、同じように深呼吸をして、息を吐くときにつまんでいる部分を引き伸ばす。次に、さらに上、エラのあたりも同様にマッサージする。

  • (4)最後に筋の下から順に軽くつまんで離す、という動作をくりかえしながら上へ移動し、エラの後ろまで続ける。これを3回くりかえす。

肩こりの原因

肩こりの原因は筋肉の中で酸素が不足し、乳酸等が作られ、筋肉が硬くなり、コリやだるさを感じるのです。

筋肉の疲れ

そもそも人類と肩こりの歴史は古く、私達人間が猿から進化する段階で

二足歩行をし始めたことが原因とされています。

人の頭部は4~5kgの重さがあり、それを首と肩の筋肉で支えています。

そうするとやはり筋肉は疲労を起こします。

 

寒さ

冬の寒い時期は、運動不足や縮こまった姿勢をとりがち。血液の流れが悪くなります。

目の疲れ

首から肩にかけての筋肉のこりは、目の疲れからくることもしばしば。コンピューターを使うなど目を酷使している人は要注意。

 

悪い姿勢

読書、パソコン作業など前かがみの姿勢は頭の重さを最も受け易く、同じ姿勢をとりながら指を動かす作業は、肩周辺の筋肉を常に緊張させ続けます。

 

ストレス

ストレスが原因で肩こりを訴える人が、とくに女性で増えています。

概要

 肩こりは項頸部から僧帽筋エリアの諸筋に生じる詰まったような、こわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みにいたる症候の総称です。

 

日本では「肩こり」と言って肩の症状として扱いますが、海外では首や背中の病気であると考えるのが一般的です。

 

また、頸肩腕症候群という病気の初期症状である場合もあります。

 

症状

  • 僧帽筋エリア(特に肩上部)の局部の圧痛から始まる。僧帽筋は肩上部では厚みがあり、それも肩こりの大きな一因となっている。
  • 進行すると圧痛点やこりを感じる部位が拡大する。
  • 筋肉の持続的緊張により圧痛部位が拡大し、深層筋(肩甲挙筋棘上筋菱形筋脊柱起立筋群・上後鋸筋)にまで凝りが拡大すると「芯が凝ったような凝り」として感じられ、筋肉がこわばり、重苦しさを感じるようになる。
    • 主観的には頸部~肩上部に「ズシーンとした感じ」「何かものがのっているかのような感じ」や肩甲骨脊柱の間(肩甲間部)や肩甲骨の内側の際に「鉄板が入ったような感じ」として感じられることが多い。
  • 重苦しさを放置すると痛みを感じるようになり(「頸部まで痛い」「凝りすぎて背中が痛くて眠れない」)、進行すると緊張性頭痛顔面上肢の関連痛が生じるようになる。